真昼の月

新人奴隷です。ご主人様との事、忘れたくない事つづっていきます。

奴隷のつぶやき③

ご主人様に出会うことができたのは、すごい運命的だったと思います。私が普通に暮らしていたら出会うことのない方だし職業を通じてお会いできたとしても話すだけだったでしょう。ご主人様との出会いは偶然ではなく必然だったのではないかと勝手に思っております。今、仕事で辛いことだらけで心身ともに疲れてしまっています。でもその中でもいろいろ模索し乗り越えようとしています。少し前の私なら、周りのせいにして八つ当たりばかりしてた時もありました。ご主人様と出会いお話しをし、すごい学んだこともありますし、何よりご主人様が頑張っておられるから私も頑張っていこうと思えてると思います。ご主人様の背中、存在は偉大です。感謝しております。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。