真昼の月

新人奴隷です。ご主人様との事、忘れたくない事つづっていきます。

ご調教

以前に、お逢いした時に、蝋燭とバラ鞭をして頂きました。口便器には、パンツ様を咥えていましたが声はもれていたと思います。終わった時に、ご主人様は身体についた蝋を優しくとって下さいました(^-^)クソマ○コに、バラ鞭もして頂きました。終わったあとはジンジン熱くなっているような感じがしました。放心状態のような感じで横たわっていた私に、「本気でやったらこんなんじゃすまないからな」とおっしゃったように記憶しています。日にちがたち、ご調教を思い出すと嬉しいと思っています(#^.^#)主従関係をもたれている奴隷の方達も、ご主人様にご調教して頂いていくなかで幸せと感じたり、お仕えしたいと感じていくのでしょうか…。