真昼の月

新人奴隷です。ご主人様との事、忘れたくない事つづっていきます。

呟き

ご主人様の前では奴隷は感情は必要なくただの道具。それ以上でもそれ以下でもなく世界中で一番下等な存在。ご主人様に全てを晒し弄ばれ使って頂くことが奴隷の宿命。ただひたすらご奉仕し喜びを感じて頂くことが奴隷の幸せ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。