真昼の月

新人奴隷です。ご主人様との事、忘れたくない事つづっていきます。

察する気持ち

澄んだ眼の底にある 深い憂いのわかる人間になろう 重い悲しみの見える眼を持とう

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。