真昼の月

新人奴隷です。ご主人様との事、忘れたくない事つづっていきます。

初めての…

以前に言われていました。「写真を撮るから。」と。奴隷身の上書に写真を貼るスペースがあります。ご主人様が来て下さり全裸にてご挨拶。ご奉仕のフェラ。ご主人様の大事なモノが目の前にあると、ご主人様の顔が近くにあると緊張と恥ずかしさがイッパイになってしまいます。ご主人様とは恥ずかしくて目はあわせられません。今もですけど(^^;ご主人様も裸になっておられます。その後、いろいろお話します。いつも笑顔のご主人様(^-^)優しく奴隷の緊張をほぐして下さいますm(__)mご主人様の一声「そろそろはじめるか」と。ご主人様はデジカメを持たれて、ご主人様の前に奴隷を立たせ撮影。その後、「四つん這いになり、こっちにケツむけろ」と。デジカメのシャッターをきる音が聞こえます。「マンコ両手で開け」と。恥ずかしさMAXになりました。今まで生きてきてこの姿を明るいとこで見せたことはありません(*/□\*)まして撮影なんて(/-\*)ご主人様にその姿を見られていたのかと思うと今でも身体が疼いてしまう奴隷です(*^^*)