真昼の月

新人奴隷です。ご主人様との事、忘れたくない事つづっていきます。

光③

気を使わせてしまってすいません。大切な人には私に余計な気を使わず生活していただきたいのに。

光②

笑顔がとても素敵なのです。はじめてみた時にひきこまれました(^^)とても魅力的なことを本人は気づいているのかな?魅力的と伝えましょうか。素敵なところはたくさんありますけど(^w^)その笑顔みていたいなと思いました。笑顔いっぱいの日々を過ごしていただけたらと思います。みなさんにもそう思える大切な存在いますか?

ただひたすら頑張っている大切な

存在を陰ながら応援させていただきます。身体だけは大切にしてほしいです